MESSAGE
ビジネス・ズ・エンターテイメント!

営業イズエンターテイメント

僕はビジネスのキャリアを営業職としてスタートしました。新卒の頃、なかなか結果に繋がらない時やプレッシャーに押し潰されそうな時は、営業先へ向かう社用車の中、大音量でヒップホップを聴いて奮起していたことを今でも思い出します。

彼らのリリックには、ビジネスマンを勇気づける気合がたくさん詰まっていました。

オレらはサラリーマンでは終わらない。オレはアントレプレナーなんだ!

*アントレプレナー = 起業家(きぎょうか、英語:entrepreneur)とは、自ら事業を興す(起業)者をいう。通常、ベンチャー企業を開業する者を指す場合が多い。 - wikipedia –

これはJay-Zのリリックです。いつかのWIRDのヒップホップ・イズ・スタートアップという特集で取り上げられていました。その特集ではビジネスに必要なすべてはヒップホップに詰まっていると書かれていました。

成功する起業家やビジネスマンは、皆ヒップホップを聴いています。そしてヒップホップスターは音楽よりもビジネスで稼ぎます。Jay-Zもそうですし、映画ストレイト・アウタ・コンプトンが記憶に新しいドクター・ドレーはAppleMusicの礎を築いたビーツ・エレクトロ二クスを30億$でアップルにバイアウトし、ヒップホップ界で初めてのビリオネアとなり、一時話題になりました。
起業家精神や成り上がリズムであるヒップホップは、営業とも通じる部分が多々あります。

今回の新卒採用で募集している職種はアカウントプランナー。つまり、企画営業職です。クライアントのさまざまな課題を、テクノロジーを用いて解決する。これが皆さんに、お願いしたい仕事です。しかし営業は本当にタフな仕事です。競合との競争、自社の予算達成、そしてクライアントの成功の狭間に立たされ、自分自身ですらプロダクトの一部として、完璧ではないプロダクトを完璧に近づけていく仕事です。だからこそ、大変だからこそやりがいのある仕事です。

僕が営業職に魅了されたのは、テクニックなんて二の次でヒップホップのようなエンターテイメント性、そしてその気概や真理の部分です。ユーザーを楽しませること、クライアイントを楽しませることを第一義にやってきました。そして営業から一番学んだことはGo-Getter!“待っていても何も起きない、だから自ら掴みに行け!”ってことでした。

“求める人材”

僕たちが求める人材は、ともに困難を乗り越え、不可能を可能にしていける人材です。決して「無理」からはじめるのではなく、高い目標を掲げ「達成するためには、どうすればよいのか」の逆算思考を基本とし、実行できる人となら、僕たちはうまくタッグを組めると思います。

また、譲れないポイントは「仕事第一」が条件。最低限の生活の糧や趣味のための仕事ではなく、人生を“仕事”で勝負したい人に来てほしい。ナンバーワン営業マンやスーパーエンジニア・スーパーデザイナーになりたいとか、世の中に新しい価値を生み出すサービスのプロデューサーになりたいとか、仕事を通じてひとかどの人間になりたいんだ!と。
もちろん仕事のことだけ四六時中考えろというわけではありません。メリハリはつける、しかし、やる時は徹底して仕事をやる。我々はそういう人間の集まりです。そしてそんなタッグを組んだチームだからこそ、個々では成し得ないようなことができるのです。

しかし、価値観は人それぞれ。優劣をつけるものではなく、個人の考え方なので、仕事をしない選択だって自由です。就職も結婚と同じで、互いにフィットしているかどうかがすべてではないでしょうか。

ブラニューは誰にでも良い会社ではありません。それどころかベンチャーを標榜し、厳しくプロの能力を要求する僕たちの仕事はタフで、あわない人が続けられるほど甘い職場ではないのです。採用は互いの相性を見極めるプロセスなのに、変に装ってしまっては最終的にお互いが不幸になるだけ。だからこそ僕たちは正直さを大事にしてきました。

“唯一の資質”

そんな僕たちが人材に求める唯一の資質も紳士(淑女)であり“真摯”であり続けることです。
僕たちは(TPOや清潔感、お客様に失礼がないことを条件として)スーツやネクタイがなくてもプロとしての仕事ができると思っています。制度やオフィスもユニークですし、定期的なイベントやオフィス内での飲み会は毎週のように開催されています。しかし決して不真面目ではありません。チームに真面目ですし、クライアントに真面目ですし、何より世界をよりよく変えられるビジネスに対して徹底的に真摯に向き合っています。

以上の考え方があう人には最高の環境を用意できると思います。学生から社会人になることに不安や淋しさを感じるという人も居るかもしれませんが、大丈夫!どこまでも自由だし、自活した社会人は楽しいです!

「昔は良かったなぁ」なんて言うのは負けている証拠です。営業のエンターテイメント性、ビジネスのエンターテイメント性をもって、他では得られないような経験をさせてあげましょう。ヒップホップ好きも大歓迎ですw

ぜひ、僕たちと一緒にタフでエキサイティング、そして愉快な冒険をはじめよう。

代表取締役名富達也
代表取締役
名富 達哉

リクナビ・マイナビより順次
エントリー受付中!

締め切りは、2017年12月29日までとなります。