西澤 正樹

MASAKI NISHIZAWA

コンサルティングセールス / 2015 JOIN
- Webコンサルタント -

  

“吸収しなければ前に進めない”

時代の波に乗ったWeb活用提案

スマートフォンの普及により、1人1台パソコンを持ち歩いているような時代ですから、企業におけるこれからの新規集客・求人募集・ブランディングには、Webの活用が必須です。ですが、弊社のクライアント企業様の従業員数は1~20人という規模がほとんどで、Webを活用する時間や人的リソースが不足しています。私は、そのようなお客様に対してWeb活用に対する意識を啓蒙し、課題解決に向けたWebマーケティングの提案などを行うコンサルティングを担当しています。

入社の決め手は完全実力主義

学生の頃からバリバリのビジネスマンに憧れていて(笑)、高校を卒業後、従業員約36万人の国内メーカーに営業職として就職しました。その仕事はスキルや結果ではなく、年齢が上がれば給料や役職上がる”The年功序列社会“。安定を求める方にはオススメですが、どんどん上に行きたかった私は3年半で転職を決意しました。さまざまな企業の情報を集めるなかで、”完全実力主義”を掲げるこのブラニューのことを知り、その考え方に共感したのが入社の決め手です。

なりたい自分になるために
やるべきことを
必死にやり続ける

マイナスをゼロに、ゼロからイチに

入社当初はWeb対する知識がほとんどない状態。しかも、コンサル部署も立ち上げから間もなかったこともあり、商材の開発・企画や制度策定など、やるべきことが多くタスクオーバー気味でした。それでも、新しいことを吸収しなければ前に進むことはできません。時間の合間を縫って勉強し、先輩社員の営業手法を盗むなど、能動的に動くことでマイナスをゼロに、ゼロからイチを目指して必死になりました。その結果、2015年下期の売上げでは、新規営業部を含む営業組織全体で3位となり、社長賞もいただくことができました。

動く側から動かす側へ

次の目標は、プレイヤーからマネジメントにステージを変えていくことです。1人が出せる結果には限界がありますが、チームを組めばその何倍もの結果を出すことができます。そのためにも、自分自身がクライアントにとってより有益なコンサルティングを提供することはもちろん、チームメンバーが結果を出せるようなマネージメントスキルを身につけていきます。何より、「麻布在住・六本木勤務・20代Webコンサルマネージャー」というキラキラネームがほしいです(笑)。

リクナビ・マイナビより順次
エントリー受付中!

締め切りは、2017年12月29日までとなります。